最近の脱毛サロンは痛くないから脱毛サロンがおすすめ

脱毛サロンや美容外科クリニックでツルスベのお肌になりたい――そんな希望はあっても「痛い」のは嫌ですね。
今回は【脱毛サロンは痛くない】をテーマにお話します。
悶絶して耐えられない痛みはないかもしれません。
ですが脱毛スキルや部位によっては痛いこともあるらしいです。
まずは、脱毛技術をそれぞれ解説します。

ハイパースキン脱毛

毛が抜け落ちて新しい毛が生え始めるタイミング(休止期)を習います。
この毛が生える初期段階の発毛因子に特別な光を照射して脱毛する方法で毛根や毛乳頭を直接破壊する方法ではありません。
高温である必要もありません。
ほぼ痛みはないでしょう。
お肌への負担も少ないです。
1カ月に1回程度のサイクルで通えばいいし、早い効果が期待できるでしょう。

フラッシュ脱毛(光脱毛)

脱毛器が照射する光とか塗るジェルによって幾つかの方法がありますが、代表的なものは次のふたつです。
1番目はSSC脱毛です。
スムース・スキン・コントロールメソッドの略称でイタリアで開発されたテクニックです。
抑毛成分をカプセルに包み込んだビーンズジェルを塗って、クリプトンライトを照射します。
カプセルが割れて毛穴から毛根エリアに有効成分が浸透するメカニズムです。
クラプトンライトは肌組織に影響はないのはカプセルにしか反応しないからです。
冷たく感じるジェルが70度以上の熱からお肌を守ってくれます。

2番目はIPL脱毛です。
インテンス・パルス・ライトを当てる施術で基本的にはSSCと同じメカニズムです。
これ以外にもありますが基本的に特殊ジェル+光照射の仕組みです。

レーザー脱毛

医療用レーザーを照射して毛乳頭と毛母細胞を破壊する方法で医療機関でしか扱えません。
黒い色をしてメラニン色素に対して反応して熱を発します。
産毛など色白の薄い部分には効果が発揮できません。
ニードル脱毛よりは痛みが少なく短時間ですが、光脱毛よりも刺激がきついです。

一番痛くないのもは光脱毛でもレーザー脱毛でもなく「ハイパースキン脱毛」です。
照射温度も38度と低いです。
冷たいジェルも必要ありませんし、身体も冷えません。
医療レーザーは、やはり痛いです。

脱毛サロンを選ぶ時のポイントは

脱毛しようとする場合に脱毛エステにするのが美容外科クリニックにするのかの選択肢があります。
手軽なのは脱毛サロンの方です。
今回は【脱毛サロンを選ぶ時のポイントは】について解説します。

1番目は<施術の資格を持っているかどうか?>です。

電気を使った脱毛をする場合には資格が必要ですから、施術するエステティシャンがディプロマを持っているか確認してください。

2番目は<カウンセリングするときの対応>です。

質問に対する受け答えが適切であるかどうかです。
答えが適切でない場合は技術にも不安があります。
まずは無料カウンセリングを受けて判断しましょう。

3番目は<雰囲気と衛生面>です。

衛生的であるのは当然です。
とりわけ人の身体をターゲットとした店舗ですからこだわってください。
非衛生なところは施術機器のメンテナンスも怠っているでしょう。
リラックスして施術してもらうには落ち着ける雰囲気かどうかも重要です。

4番目は<料金>です。

施術するゾーンだけの料金だけでなく、何回まで施術できるのかしっかり確認しましょう。
それ以外に入会金・年会費・スキンケア用化粧品の料金が別途必要になるところもあります。
合計いくらかを算出してもらえば余計な出費も不要です。

脱毛サロン比較がとても参考になります。

近頃のトレンドは全身脱毛です。
月額「定額制」のプランが出てきていますので人気です。
予約が取りづらいこともあるので、そういったことも質問しておくといいです。
人気のサロンは予約がとりにくいデメリットもあります。